運営団体について

一般社団法人大谷草山地域振興会

img6
過疎化の著しい兵庫県篠山市草山地区において、地域の内外の住民の交流促進及び促進振興を行うことで
過疎化地域である草山地域の活性化をはかり草山地域の健全な発展を目的とし実施しております。

なぜ篠山市西紀草山地区で地域振興事業をするの?

大谷竹次郎翁が晩年病気療養のため訪れた篠山市西紀草山地区の温泉で、地域住民にあたたかく歓迎された恩返しに
地域活性化のお役に立ちたいと思っております。
また同地にある大谷西紀記念館・観音像は地域の安穏と発展を望み建立されたものです。
img7
大谷教育文化振興財団が建物所有している篠山市草山地区の草山温泉観音湯を(社)大谷草山地域振興会へ賃貸しております。 草山地区の草山温泉は寛永年間(約400年前)から強塩泉が湧出し湯治場として草山地域住民に親しまれてきました。その草山温泉と大谷家のつながりは大谷竹次郎翁が神経痛を患った際に地域住民に歓迎されたことにはじまります。



大谷竹次郎翁はその歓迎に心をうたれ恩をむくいたいという思いで草山温泉の整備を実施し地域住民の福徳増強に力を注ぎました。また先代大谷勇前理事長は大谷竹次郎翁の意志を受け継ぎ草山地区の総合開発にのりだし地域住民の利徳増強に力を注ぎました。先人方の意志を受け継ぐ大谷教育文化振興財団は未来永劫にわたり草山地域の振興をはかり地域繁栄の一翼を担いたいと考えております。
img9
草山地域において文化教室やスポーツ振興(しめ縄教室・餅つき大会・グラウンドゴルフ交流会)などを地域住民団体(草山郷づくり協議会など)と力を併せて実施しております。
また地域振興イベント(楽市楽座など)や地域住民団体(自治会、小学校など)の実施する地域振興の催し等への助成を実施しております。
scroll-to-top